キャバクラのキャッチに煽られた

「お兄さん、キャバクラどうすか?」

「このあとお遊びのほうは?」

「かわいい女の子揃ってますよ!」

都会のネオン街を歩いていると、いつも待ち伏せる常套句。

キャバクラの勧誘もそのひとつだ。

大抵、

「未成年っす!」

「麻雀しに行くんで..」

と対処しながら、これまでの東京の夜を切り抜けてきた。

だが、恵比寿の飲屋街だけはこの対処法では不十分だった。

キャッチがこちらに近付いたとき、

まさかいきなり、

Janne da arcのHEAVENのサビを熱唱されるとは想定できなかったからだ。

そのキャッチの男とは、ほぼ毎日顔を合わせる。大体、いる。

今日も帰りに会った。

なぜか、一応、軽く頭を下げてしまった。

推定20代前半。

秋まではスーツだったが、今はその上に毎日モッズコートを着ている。身長は165cmくらい。髪の毛は3回ほどハイブリーチしたくらいの明るさ。フォルムはマッシュな感じだが、別にパーマもスタイリング剤も施していない模様。

目はパッチリしているが、目力が強いわけではなく、いつもどこか遠くを見ているような、不思議な雰囲気が漂っていた。

そして、とにかく眉毛が黒い。

白い髪の毛と黒い眉毛のコントラストが印象的だ。

そんな彼が急に

「き〜っと生まれ変〜わったって〜同〜じ場っ所〜で♪き〜っと君を見〜つ〜け〜て〜あげ〜るよ〜♪」

って歌いながらこちらに近づいてくるから驚く。しかも、なかなかの無表情。

だけど、さすがにこれを全スルーするわけにはいかなかった。これだけ体を張って見込み客にアプローチする男はなかなかいないだろう。

だから立ち止まって

「えっと、はい?w」

と言い、その男と会話をする意思をほんの少しアピールしてみた。

するとその男は、

ただ会釈をし、どこかへ行ってしまった。

いや、キャッチして!

無視って。周囲の道行く人々はこちらをチラチラ見ているが、明らかに「俺がシカトされている図」がそこにはできあがっていた。してよ、キャッチ。オチも、ないし。