あまりにも臭すぎる

本日は日曜日。休日。昨晩カーテンを閉め忘れたまま寝てしまった私は今朝外からの日差しを浴びて起床する。すかさずiPhoneを手に取り0を連打し...

NO IMAGE

俺vs爺

時間帯も遅く周辺の商店や飲食店が次々と明かりを消していき暗闇に覆われていく中、妖しげな淡紅色を放ち辺りを照らす謎の物体が遠くでチラついている...