何度…もう何度サンドバッグを叩いただろう。ジャブ・フック・ストレート…何百回何千回気の遠くなる程数を打ち込んだ。全ては…全てはーーこの一撃のためにーーー!!

先月の現場にて

作業員A:間柴くんって地元どこなの?

おれ      :茨城ですよ。

作業員A:へえ。茨城ねえ..

おれ      :…

作業員B:間柴くん実家どこ?

おれ      :茨城ですよ!

作業員B:あ〜茨城ね〜

おれ      :…

作業員C:(現場)監督さんの出身どこですか?」

おれ      :茨城です

作業員C:あ〜群馬の隣?

おれ      :あー、はい

—————————————————————

先週の現場にて

作業員D:間柴さんは新潟出身?

おれ      :沖縄

作業員D・E・Fおおおおおおおお」

そういうわけで、

先週付けで現場での私の出身地の設定が

沖縄になりました、

間柴 了(マシバ リョウ)と申します。

私自身、地元に愛着がないということもありますが、

茨城出身者にとっての地元トークは辛いものがあります。

まじで盛り上がらない。

冒頭の通り、施工管理をしております。

と言っても1年目で、

やっていることは先輩や上司の手元程度。

特に大したことはやらされていないです。

そしてここからが大事なのですが

来週、退社します。

そしてここまでが大事なので

あとは読み飛ばしていいです。

退職に至る理由としては、

というか

なぜ間柴 了なのかというと

というか

むしろ退職理由より

そちらのほうが興味深いですよね..

間柴 了は、

ボクシングを題材とした漫画

「はじめの一歩」

の登場人物です。

f:id:solidstar3:20151206121419j:plainf:id:solidstar3:20151206121425j:plain

ご覧の通り、呼吸以外は僕と似ていません。

ちなみに右の画像は

かつて自身を身に纏っていた殺意を思い出し、

覚醒した間柴です。

彼の独特な構え方はデトロイトスタイルと言って

得意の左パンチ「フリッカージャブ」が

繰り出される発射台となっています。

基本的に

長いリーチを活かし、敵を翻弄するスタイル。

鴨川ボクシングジム所属の木村達也の話によれば、

「彼がリング中央を陣取ると、リング内で手の届かない場所はない」

らしいんです。

どんだけ手長いのよ。

その芸当だけで金稼げるだろ。

いろいろ説明しましたが

ではなぜ、私の名前は間柴 了に至ったのか。

本当にわかりません。

彼について説明すればするほど

彼と私は似つかず

むしろほんの少し名前が出た

木村達也のほうがまだ似てそう。

f:id:solidstar3:20151206123535j:plain

そうでもない。

というわけで

そろそろニートになる私

自己整理も兼ねてブログを始めることになりました。

暇な人、たまに読んでください。

そしてアドバイスください。

生き方、探してます。

よろしくお願いします。

一応、転職活動はしています。

ちなみにタイトルは

間柴 了とのタイトルマッチで

木村達也が間柴にドラゴンフィッシュブローを

叩き込む直前のセリフでした。

4 件のコメント

  • 鷹村の次に間柴好きだわ
    そんな青木先輩から一言
    才能のない奴が、あきらめがよくて、どうするんだ!

  • よしきさん?w
    青木先輩わらた。チョイスのセンス。
    てかその言葉突き刺さりますね。
    凡人である自分はやはり忍耐で人生を賄うしかないのでしょうか・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    1992年12月26日生まれ。 急に「なんかmacいじってるやつかっこええな!」という気持ちが芽生え衝動でmacbookを購入したものの、「特にやること、ないな..」と持て余してしまいYouTubeで時間を消費するくらいしかやることがない状況に不満と疑問を抱き、「そうだ、macbookを開きながらブログを運営していたらなかなかイケてるんじゃないか!?」とひらめきミーハー心からワードプレスに登録。わざわざサーバー代を支払ってまで運営する必要性がまったくもってない雑記ブログをひたすら書き続ける都内在住の24歳サラリーマン。